top of page
  • 岸和田THREE社労士事務所

そんな就業規則で大丈夫か!? 

先日、とある大きな看板広告が目に留まったので、タイトルを少し参考に

させていただきました。


結論、過激な内容ではございません…。

マーケティング上手いなぁ、と一瞬の驚きと、リスペクトを抱きました。


「10人以上」 「5人以上」 = 「就業規則作成」

就業規則は、常に10人以上が勤務されている場合、作成して、労働基準監督署長に届け出なければならないことになっています。

常に10人以上か、或は、そうでないのか、こちらが判断のポイントとなりますが、

5人以上、従業員の方が勤務されているならば、作成された方が良いと思っております。

なぜなら、10人以上の雇用をされている事業へと、事業成長・拡大されているケースが多いと僕は感じているからです。

勿論、偶然であって、そうでないケースもあるんだろうとも思います。

人は、企業の宝です。人財です。

労務環境を整備し、共に事業成長して参りましょう。


労働条件を規定するにあたり、労働基準法が最も重要な法律になります。

労働基準法は、社会保険労務士の専門分野です。

​一度、社会保険労務士に、無料相談を活用して、相談されてみてはいかがでしょうか。

最新記事

すべて表示

難関資格を取得するメリットの記事が「フォーサイト」内で紹介されました!!

岸和田THREE社労士事務所ブログをご覧いただきありがとうございます。 大阪市堺筋本町で社労士事務所を開業しています山下です。 難関資格を取得するメリットの記事が「フォーサイト」内で紹介されております。 社労士など難関資格取得をお考えの方はぜひ一度ご覧ください。 フォーサイトのサイトはこちらからご覧いただけます。 「社会保険労務士の資格を取るならフォーサイト」 https://www.foresi

SNSを活用した「デジタルマーケティングスキル」

SNSを活用したデジタルマーケティングスキルはDX化に有効です。 SNSは、顧客とのコミュニケーションを図る上で、最も効果的なマーケティングチャネルの一つです。SNSを活用することで、以下のようなメリットを得ることができます。 顧客との直接的なコミュニケーションが可能 SNSは、顧客と企業が直接コミュニケーションを図ることができる、双方向性の高いコミュニケーションツールです。これにより、顧客のニー

特定社会保険労務士

2024年は特定社会保険労務士になるための 紛争解決手続代理業務試験を受けようと思います。 申込はもう少し先のようです。 できるだけしっかりと準備をして、合格を目指します(笑) 紛争解決手続代理業務試験とは個別労働関係紛争の解決手続(調停、あっせん等)の代理を行うことができる「特定社会保険労務士」になるための試験です。 社労士山下

コメント


bottom of page