top of page
  • 岸和田THREE社労士事務所

令和5年度「大阪市こどもの見守り強化事業」

こんにちは!

​令和5年度大阪市限定ですが、​こどもの​補助金があります。

この事業の目的は、「児童虐待を未然に防止」するためにあります。

地域で自主的にこどもに対し、食事の提供・学習支援又は生活指導支援等の支援活動(以下「支援活動」という。)を行っている民間団体に対して、当該民間団体が支援活動を通じて実施するこどもの見守りに係る活動費等を補助するといった補助金になっています。

対象の児童は?

大阪市内に居住する18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にあるこどものうち、区要保護児童対策地域協議会が支援対象として把握しているこども及び区保健福祉センター又は補助事業者が見守りを必要と判断するこどもになります。


受付期間は?

令和5年3月1日(水曜日) ~ 令和5年12月28日(木曜日) 午前9時から正午まで及び午後1時から午後5時30分までです。

まだまだ間に合います。

こちらに、お問合せ先を記載しておきますので、気になった方は、あるいは、気づいてない方は、一度ご確認ください。

「大阪市こども青少年局子育て支援部管理課」


​申請書類は複雑ではありません。

岸和田THREE社労士事務所へのお問い合わせでも構いませんので、

一度ご相談下さい。


よろしくお願いいたします。

​社労士

​山下


最新記事

すべて表示

難関資格を取得するメリットの記事が「フォーサイト」内で紹介されました!!

岸和田THREE社労士事務所ブログをご覧いただきありがとうございます。 大阪市堺筋本町で社労士事務所を開業しています山下です。 難関資格を取得するメリットの記事が「フォーサイト」内で紹介されております。 社労士など難関資格取得をお考えの方はぜひ一度ご覧ください。 フォーサイトのサイトはこちらからご覧いただけます。 「社会保険労務士の資格を取るならフォーサイト」 https://www.foresi

SNSを活用した「デジタルマーケティングスキル」

SNSを活用したデジタルマーケティングスキルはDX化に有効です。 SNSは、顧客とのコミュニケーションを図る上で、最も効果的なマーケティングチャネルの一つです。SNSを活用することで、以下のようなメリットを得ることができます。 顧客との直接的なコミュニケーションが可能 SNSは、顧客と企業が直接コミュニケーションを図ることができる、双方向性の高いコミュニケーションツールです。これにより、顧客のニー

特定社会保険労務士

2024年は特定社会保険労務士になるための 紛争解決手続代理業務試験を受けようと思います。 申込はもう少し先のようです。 できるだけしっかりと準備をして、合格を目指します(笑) 紛争解決手続代理業務試験とは個別労働関係紛争の解決手続(調停、あっせん等)の代理を行うことができる「特定社会保険労務士」になるための試験です。 社労士山下

Comments


bottom of page