top of page
  • 岸和田THREE社労士事務所

依頼する社労士の距離による、メリット・デメリット


社労士に依頼をする時、まずは、事業所の近くで探されると思います。

ただ、オンラインが普及しており、それに伴い、全国を対象とする社労士の先生方も増えております。


そこで、距離のメリット、デメリットを考察してみたいと思います!!


私の結論として、距離による影響は、今後益々少なくなってくるのではないか?と思っています。


まず、近距離での社労士のメリットとして、

対面で打ち合わせがしやすい

地域の事情・土地柄を理解している

親近感も持って接することができる


デメリットとして、

企業の内情がわかってしまう

社労士の情報が偏る可能性がある


一方で、全国対応の社労士は、

専門性が高い先生が多い

会社の情報を知られても気になりにくい

多くのネットワークにより情報が偏っていない


デメリットとして、

対面で打ち合わせがしにくい

地域の事情がわからない可能性がある


などが、

考えられますが、社労士には当然守秘義務があります。

又、地域に根付いてお仕事をされ、専門性の高い先生がたくさんいらっしゃいます。

フットワークの軽い先生は、他府県や他地域の先生と交流があり、SNSによって全国の社労士と交流することができますので、あまり影響はないかと思います。


大阪にいながら、他府県の先生と交流させて頂けることは、本当に便利だなぁ、、勉強になるな、と思っています。


現在のオンライン・電子申請、そして、メタバースの普及により、さらに距離による影響は少なくなるのでは?と思います。


長く経営者のパートナーとして、企業の成長に関係を持たせていただくには、

結局のところ、相性や人柄が、決め手になるように感じています。


安心できる社労士なら、THREE社労士事務所へご相談ください。


社会保険労務士 × 問題解決力

山下

最新記事

すべて表示

難関資格を取得するメリットの記事が「フォーサイト」内で紹介されました!!

岸和田THREE社労士事務所ブログをご覧いただきありがとうございます。 大阪市堺筋本町で社労士事務所を開業しています山下です。 難関資格を取得するメリットの記事が「フォーサイト」内で紹介されております。 社労士など難関資格取得をお考えの方はぜひ一度ご覧ください。 フォーサイトのサイトはこちらからご覧いただけます。 「社会保険労務士の資格を取るならフォーサイト」 https://www.foresi

SNSを活用した「デジタルマーケティングスキル」

SNSを活用したデジタルマーケティングスキルはDX化に有効です。 SNSは、顧客とのコミュニケーションを図る上で、最も効果的なマーケティングチャネルの一つです。SNSを活用することで、以下のようなメリットを得ることができます。 顧客との直接的なコミュニケーションが可能 SNSは、顧客と企業が直接コミュニケーションを図ることができる、双方向性の高いコミュニケーションツールです。これにより、顧客のニー

特定社会保険労務士

2024年は特定社会保険労務士になるための 紛争解決手続代理業務試験を受けようと思います。 申込はもう少し先のようです。 できるだけしっかりと準備をして、合格を目指します(笑) 紛争解決手続代理業務試験とは個別労働関係紛争の解決手続(調停、あっせん等)の代理を行うことができる「特定社会保険労務士」になるための試験です。 社労士山下

Commentaires


bottom of page