top of page
  • 岸和田THREE社労士事務所

入社後のトラブルは近年増加?

厚生労働省の調査によると、2022年の労働相談件数のうち、入社後のトラブルに関する相談件数は、前年比10.4%に上るそうです。


以下の要因が考えられます。


労働市場の変化

近年、労働市場は、少子高齢化やグローバル化などの影響により、流動化が進んでいます。そのため、新入社員が早期に退職するケースが増えており、入社後のトラブルにつながるケースも増えています。


労働者の意識の変化

近年、労働者の意識は、労働者の権利を重視する方向に変化しています。そのため、入社後のトラブルが発生した場合、労働者が権利を主張するケースが増えており、入社後のトラブルが表面化するケースも増えています。


企業の労務管理の課題

企業の労務管理の課題も、入社後のトラブルの増加につながっていると考えられます。

具体的には、以下のようなものが挙げられます。


就業規則の整備や周知の不足(雇用契約書)配属や教育のミスマッチハラスメントの防止対策の不十分さ


入社後のトラブルを防ぐためには、企業は、労務管理の改善に取り組むことが重要です。

具体的には、以下のようなものが挙げられます。


  • 就業規則の整備や周知を徹底する

  • 配属や教育を適切に行う

  • ハラスメントの防止対策を強化する


また、労働者も、入社後に起こり得るトラブルについて、事前に知っておくことで、

トラブルを未然に防ぐことができます。



参考になれば幸いです。


社労士 山下


最新記事

すべて表示

難関資格を取得するメリットの記事が「フォーサイト」内で紹介されました!!

岸和田THREE社労士事務所ブログをご覧いただきありがとうございます。 大阪市堺筋本町で社労士事務所を開業しています山下です。 難関資格を取得するメリットの記事が「フォーサイト」内で紹介されております。 社労士など難関資格取得をお考えの方はぜひ一度ご覧ください。 フォーサイトのサイトはこちらからご覧いただけます。 「社会保険労務士の資格を取るならフォーサイト」 https://www.foresi

SNSを活用した「デジタルマーケティングスキル」

SNSを活用したデジタルマーケティングスキルはDX化に有効です。 SNSは、顧客とのコミュニケーションを図る上で、最も効果的なマーケティングチャネルの一つです。SNSを活用することで、以下のようなメリットを得ることができます。 顧客との直接的なコミュニケーションが可能 SNSは、顧客と企業が直接コミュニケーションを図ることができる、双方向性の高いコミュニケーションツールです。これにより、顧客のニー

特定社会保険労務士

2024年は特定社会保険労務士になるための 紛争解決手続代理業務試験を受けようと思います。 申込はもう少し先のようです。 できるだけしっかりと準備をして、合格を目指します(笑) 紛争解決手続代理業務試験とは個別労働関係紛争の解決手続(調停、あっせん等)の代理を行うことができる「特定社会保険労務士」になるための試験です。 社労士山下

Comments


bottom of page