top of page
  • 岸和田THREE社労士事務所

確定拠出年金制度は経営者にとって有効ですか?

確定拠出年金制度は、経営者にとって非常に有効な制度と言えますよね。

その理由は、以下の3つです。


1. 社会保険料の負担を軽減できる

確定拠出年金制度の掛金は、社会保険料の算定基礎から除外されます。

そのため、確定拠出年金制度に加入することで、社会保険料の負担を軽減することができます。

社会保険料の負担は、経営者の収入の大きな割合を占めるため、社会保険料の負担を軽減することは、経営者の収入を増やすことにつながります。


2. 税制優遇を受けられる

確定拠出年金制度の掛金は、給与所得控除の対象となります。

そのため、確定拠出年金制度に加入することで、所得税や住民税の負担を軽減することができます。

また、運用益は非課税となるため、運用で利益が出た場合でも、その利益に税金がかかりません。

税制優遇を受けることで、経営者の手取り額を増やすことができます。


3. 運用方法を選択できる

確定拠出年金制度では、加入者が自分で運用方法を選択することができます。

そのため、自分の投資方針やリスク許容度に合わせて、運用方法を選択することができます。

運用方法を工夫することで、より効率的に資産を増やすことができます。

このように、確定拠出年金制度は、経営者の収入を増やし、資産を効率的に増やすために有効な制度と言えます。

ただし、確定拠出年金制度には、運用リスクや受取方法、手数料などの注意点もあります。

これらの点に注意して、運用を行うようにしましょう。


具体的には、以下の点に注意が必要です。


  • 運用リスク

運用方法によっては、元本割れのリスクがあります。そのため、運用方法のリスクを十分に理解した上で、運用を行う必要があります。

  • 受取方法

受取方法によって、受取額や税制上の優遇の程度が異なります。そのため、将来のライフプランに合わせて、受取方法を選択する必要があります。

  • 手数料

運用する商品やサービスによって、手数料が異なります。そのため、手数料を比較して、自分に合った商品やサービスを選ぶ必要があります。


社会保険料の金額にお悩みの経営者の方は、ご検討されてみてはいかがでしょうか?


社労士

山下

最新記事

すべて表示

難関資格を取得するメリットの記事が「フォーサイト」内で紹介されました!!

岸和田THREE社労士事務所ブログをご覧いただきありがとうございます。 大阪市堺筋本町で社労士事務所を開業しています山下です。 難関資格を取得するメリットの記事が「フォーサイト」内で紹介されております。 社労士など難関資格取得をお考えの方はぜひ一度ご覧ください。 フォーサイトのサイトはこちらからご覧いただけます。 「社会保険労務士の資格を取るならフォーサイト」 https://www.foresi

SNSを活用した「デジタルマーケティングスキル」

SNSを活用したデジタルマーケティングスキルはDX化に有効です。 SNSは、顧客とのコミュニケーションを図る上で、最も効果的なマーケティングチャネルの一つです。SNSを活用することで、以下のようなメリットを得ることができます。 顧客との直接的なコミュニケーションが可能 SNSは、顧客と企業が直接コミュニケーションを図ることができる、双方向性の高いコミュニケーションツールです。これにより、顧客のニー

特定社会保険労務士

2024年は特定社会保険労務士になるための 紛争解決手続代理業務試験を受けようと思います。 申込はもう少し先のようです。 できるだけしっかりと準備をして、合格を目指します(笑) 紛争解決手続代理業務試験とは個別労働関係紛争の解決手続(調停、あっせん等)の代理を行うことができる「特定社会保険労務士」になるための試験です。 社労士山下

Comments


bottom of page