top of page
  • 岸和田THREE社労士事務所

社労士とは

社労士とは?

以前と比べて認知度は上がってきましたが、まだまだ知られていない状況がよくあります。(笑)

どんなことをする方ですか??とか、全然普通にあります。


社労士会は全国各都道府県にあります。その中で東京社労士会が見やすいと思いましたの、社労士が何をする人かを引用させていただきます。


社会保険労務士の主な仕事

社会保険労務士と社労士は同じ資格です。

社会保険労務士は、50種類以上にのぼる労働・社会保険諸法令に基づいて、行政機関に提出する提出書類や申社会保険労務士は、従業員の採用から退職まで、また会社設立から解散までの間に必要な労働・社会保険に係る諸手続きを事業主に代わって行います。


また、年金裁定請求手続きや労災保険の給付申請手続きなどの事務を個人に代わって行います。請書等を依頼者に代わって作成する事務及び提出代行または事務代理(注)をはじめ、備え付け帳簿、書類等の作成などの仕事を行っています。また、社会保険労務士は、人事・労務管理コンサルタントとしても活躍しています。


少し業務例を挙げますと、


  • 労働保険、社会保険の新規加入と脱退および被保険者資格の取得・喪失等の手続き

  • 健康保険・厚生年金保険の算定基礎届けおよび月額変更届

  • 労働保険の年度更新手続き

  • 労働者派遣事業などの許可申請手続き 

  • 就業規則、賃金規程、退職金規程等の諸規程および36協定などの各種労使協定の作成・提出

  • 労働者名簿、賃金台帳の作成等

賃金・人事制度および退職金制度の設計・運用、採用・異動・退職・解雇等の雇用管理、

労働時間管理(休日・休暇を含む)、福利厚生、安全衛生、教育訓練、各種年金、高齢者雇用などに関する相談。


法律で認められた唯一の労務管理コンサルタント

社会保険労務士は、企業の人事や労務に関するコンサルタントとしても活躍しています。

社会保険労務士法第2条第1項第3号「事業における労務管理その他の労働に関する事項及び労働社会保険諸法令に基づく社会保険に関する事項について相談に応じ、又は指導すること」を社会保険労務士の仕事のひとつとして規定しており、社会保険労務士が労務管理の

専門コンサルタントであることを認めています。

社会保険労務士は人事・労務管理上の諸問題の相談を受け、企業の実情に応じて適切なアドバイスを行います。


社労士に業務委託するメリット

1.企業本来の事業に専念できます。

2.企業の省力化を推進することができます。

3.事務手続きがスピードアップし、より確かになります。

4.情報が入りやすく、経営の円滑化のお役に立ちます。

5.人事・労働管理の専門家の適切なアドバイスが活かせます。


以上、社労士とは?

参考になれば幸いです。

社労士 山下



最新記事

すべて表示

難関資格を取得するメリットの記事が「フォーサイト」内で紹介されました!!

岸和田THREE社労士事務所ブログをご覧いただきありがとうございます。 大阪市堺筋本町で社労士事務所を開業しています山下です。 難関資格を取得するメリットの記事が「フォーサイト」内で紹介されております。 社労士など難関資格取得をお考えの方はぜひ一度ご覧ください。 フォーサイトのサイトはこちらからご覧いただけます。 「社会保険労務士の資格を取るならフォーサイト」 https://www.foresi

SNSを活用した「デジタルマーケティングスキル」

SNSを活用したデジタルマーケティングスキルはDX化に有効です。 SNSは、顧客とのコミュニケーションを図る上で、最も効果的なマーケティングチャネルの一つです。SNSを活用することで、以下のようなメリットを得ることができます。 顧客との直接的なコミュニケーションが可能 SNSは、顧客と企業が直接コミュニケーションを図ることができる、双方向性の高いコミュニケーションツールです。これにより、顧客のニー

特定社会保険労務士

2024年は特定社会保険労務士になるための 紛争解決手続代理業務試験を受けようと思います。 申込はもう少し先のようです。 できるだけしっかりと準備をして、合格を目指します(笑) 紛争解決手続代理業務試験とは個別労働関係紛争の解決手続(調停、あっせん等)の代理を行うことができる「特定社会保険労務士」になるための試験です。 社労士山下

Comments


bottom of page