top of page
  • 岸和田THREE社労士事務所

10年後もなくならない仕事とは

なくなる職業、新たな職業はスキルアップ意識が高い方は気になりますよね。

10年後もなくならない仕事とは、

AIやロボットなどの技術革新によっても、代替されにくく、需要が伸びていくと考えられる仕事のことです。


このような仕事の特徴としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 社会の変化やニーズに対応できる仕事

  • 専門性やスキルが求められる仕事

  • 人間の創造性や感性が求められる仕事


これらの特徴を持つ仕事は、AIやロボットなどの技術革新によっても、代替されにくいと考えられます。

具体的には、以下のようなものが挙げられます。


医療・介護関連の仕事

少子高齢化が進む日本では、医療・介護の需要は今後も高まっていくと考えられます。

そのため、医師、看護師、介護士などの医療・介護関連の仕事は、10年後も安定した需要が見込まれます。

医療・介護の仕事は、人間の命や生活を守るという重要な役割を担っています。

AIやロボットなどの技術革新によって、一部の業務が自動化される可能性はありますが、

人間が担うべき仕事は依然として多く残るでしょう。


IT・情報通信関連の仕事

デジタル化が進む社会では、IT・情報通信関連の仕事の需要も高まっていくと考えられます。

そのため、ITエンジニア、データサイエンティスト、WebデザイナーなどのIT・情報通信関連の仕事は、10年後も需要が高まるでしょう。


IT・情報通信の仕事は、社会の基盤を支える重要な役割を担っています。AIやロボットなどの技術革新によって、新たな技術やサービスが生まれ続けるため、IT・情報通信の専門家は常に新しい知識やスキルを身に着ける必要があります。


教育・研究関連の仕事

AIやロボットなどの技術革新によって、新たな知識や技術が求められるようになると考えられます。そのため、教員、研究者などの教育・研究関連の仕事は、10年後も需要が高まるでしょう。

教育・研究の仕事は、社会の進歩を支える重要な役割を担っています。AIやロボットなどの技術革新によって、教育や研究のあり方が変化していくため、教育・研究者には、新たな教育や研究方法を開発する力が求められるでしょう。


クリエイティブ関連の仕事

AIやロボットなどの技術革新によって、新たな表現方法や創造性が求められるようになると考えられます。

そのため、デザイナー、アーティスト、作家などのクリエイティブ関連の仕事は、10年後も需要が高まるでしょう。

クリエイティブの仕事は、人々の心を動かす重要な役割を担っています。AIやロボットなどの技術革新によって、新たな表現方法や創造性が生まれてくるため、クリエイターには、常に新しいアイデアを生み出す力が求められるでしょう。

また、以下のようなものも、10年後もなくならない仕事として期待されています。


環境関連の仕事

気候変動や環境汚染などの問題が深刻化する中、環境関連の仕事の需要は高まっていくと考えられます。そのため、環境エンジニア、環境コンサルタント、環境教育者などの環境関連の仕事は、10年後も需要が高まるでしょう。


ヘルスケア関連の仕事

健康寿命の延伸や予防医療の普及によって、ヘルスケア関連の仕事の需要は高まっていくと考えられます。そのため、ヘルスケアエンジニア、ヘルスケアコンサルタント、ヘルスケアトレーナーなどのヘルスケア関連の仕事は、10年後も需要が高まるでしょう。

もちろん、これらの仕事がすべて10年後もなくならないとは限りません。しかし、これらの仕事に就くためには、以下の点に注意する必要があります。


☆社会の変化やニーズを把握しておく

☆専門性やスキルを身に着ける

☆人間の創造性や感性を磨く


10年後もなくならない仕事に就くためには、自己研鑽を怠らず、常に新しい知識やスキルを身に着けることが重要です。


以上、参考になれば幸いです。

最新記事

すべて表示

難関資格を取得するメリットの記事が「フォーサイト」内で紹介されました!!

岸和田THREE社労士事務所ブログをご覧いただきありがとうございます。 大阪市堺筋本町で社労士事務所を開業しています山下です。 難関資格を取得するメリットの記事が「フォーサイト」内で紹介されております。 社労士など難関資格取得をお考えの方はぜひ一度ご覧ください。 フォーサイトのサイトはこちらからご覧いただけます。 「社会保険労務士の資格を取るならフォーサイト」 https://www.foresi

SNSを活用した「デジタルマーケティングスキル」

SNSを活用したデジタルマーケティングスキルはDX化に有効です。 SNSは、顧客とのコミュニケーションを図る上で、最も効果的なマーケティングチャネルの一つです。SNSを活用することで、以下のようなメリットを得ることができます。 顧客との直接的なコミュニケーションが可能 SNSは、顧客と企業が直接コミュニケーションを図ることができる、双方向性の高いコミュニケーションツールです。これにより、顧客のニー

特定社会保険労務士

2024年は特定社会保険労務士になるための 紛争解決手続代理業務試験を受けようと思います。 申込はもう少し先のようです。 できるだけしっかりと準備をして、合格を目指します(笑) 紛争解決手続代理業務試験とは個別労働関係紛争の解決手続(調停、あっせん等)の代理を行うことができる「特定社会保険労務士」になるための試験です。 社労士山下

コメント


bottom of page