top of page
  • 岸和田THREE社労士事務所

雇用契約書の必要性

雇用契約書の必要性


雇用契約書は、労働者との雇用関係に関する条件を明確に記載した書類です。法律で作成が義務付けられているわけではありませんが、企業が作成するメリットは大きく、多くの企業が作成しています。


メリット1:労働条件の認識の相違を防ぐ


雇用契約書には、労働者の労働時間、賃金、休日・休暇、昇給などの労働条件が記載されます。これらの労働条件は、口頭で伝えられる場合もありますが、後から「言った・言わない」のトラブルに発展する可能性があります。雇用契約書を作成しておけば、労働条件を明確に記録しておくことができ、トラブルを未然に防ぐことができます。


メリット2:労働者のモチベーションを向上させる


雇用契約書には、労働者の就業する業務内容や責任なども記載されます。これらの内容が明確に記載されていれば、労働者は自分の役割や目標を理解し、モチベーションを向上させることができます。また、労働契約書を作成することで、企業が労働者の権利を尊重していることを示すこともできます。


メリット3:企業の社会的責任を果たす

雇用契約書は、企業の社会的責任を果たすうえでも重要です。労働契約書を作成することで、企業は労働者の権利を尊重していることを示すことができます。また、労働契約書を作成していない企業は、労働基準監督署から指導を受ける可能性があります。


雇用契約書は、企業にとっても労働者にとってもメリットのある書類です。企業は、労働条件の認識の相違を防ぎ、労働者のモチベーションを向上させ、社会的責任を果たすために、雇用契約書を作成することを検討しましょう。


具体的な提案

雇用契約書の作成を検討する際には、以下のような点に注意しましょう。


  • 定められている労働条件を漏れなく記載する

  • 労働者の同意を得て署名・捺印する

  • 労働契約書の変更があった場合は、速やかに更新する


また、雇用契約書は、労働者が理解しやすいように、わかりやすい言葉で記載することが大切です。

雇用契約書の作成は、企業の労務管理の基本です。


ぜひ、この機会に雇用契約書の作成を検討してみてはいかがでしょうか。


参考になれば幸いです。


社会保険労務士 山下

最新記事

すべて表示

難関資格を取得するメリットの記事が「フォーサイト」内で紹介されました!!

岸和田THREE社労士事務所ブログをご覧いただきありがとうございます。 大阪市堺筋本町で社労士事務所を開業しています山下です。 難関資格を取得するメリットの記事が「フォーサイト」内で紹介されております。 社労士など難関資格取得をお考えの方はぜひ一度ご覧ください。 フォーサイトのサイトはこちらからご覧いただけます。 「社会保険労務士の資格を取るならフォーサイト」 https://www.foresi

SNSを活用した「デジタルマーケティングスキル」

SNSを活用したデジタルマーケティングスキルはDX化に有効です。 SNSは、顧客とのコミュニケーションを図る上で、最も効果的なマーケティングチャネルの一つです。SNSを活用することで、以下のようなメリットを得ることができます。 顧客との直接的なコミュニケーションが可能 SNSは、顧客と企業が直接コミュニケーションを図ることができる、双方向性の高いコミュニケーションツールです。これにより、顧客のニー

特定社会保険労務士

2024年は特定社会保険労務士になるための 紛争解決手続代理業務試験を受けようと思います。 申込はもう少し先のようです。 できるだけしっかりと準備をして、合格を目指します(笑) 紛争解決手続代理業務試験とは個別労働関係紛争の解決手続(調停、あっせん等)の代理を行うことができる「特定社会保険労務士」になるための試験です。 社労士山下

コメント


bottom of page